コミック編集・出版プロダクション
ホーム > 上司がラブオイルを垂らしたら

上司がラブオイルを垂らしたら (電子書籍)

~ほら、もう根元まで挿入ったよ?~

立ち読み
立ち読み

購入すれば続きを読めます。
購入には電子書籍サービスYONDEMILLへの登録が必要です。

 

内容説明

「可愛いな。ナカ震わせて、俺をこんなに締め付けて…ずっとこうしたかった。好きだよ、あい」
敏感な所をいじり回され、全身トロトロにほぐされて、奥をズンズン突かれたら……私どんどん藤沢さんのモノになっちゃう…っ!


山埜(やまの)あいは、コスメ会社に勤める新人OL。
上司の藤沢さんはカッコよくて有能で、まさに高嶺の花なのです!
けれどある時、藤沢さんが、私にだけ特別なプレゼントをくれて……?
えっ、藤沢さんが、私のことをずっと見てた…って!?

「可愛い声であえぐんだな。こういうキスは慣れてない?」
なにコレ――魔法のオイルを垂らされると、カラダが勝手に発情しちゃう!?

(どうして私、藤沢さんと、こんなことシちゃってるの…!?)

このページのトップへ